取引信用保険で貸倒を未然に防ごう|トラブルを防ぐ

男の人

黒字にする方法

タブレットを持つ女性

家計診断とは、共働きしている夫婦の支出を第三者が見て無駄な出費を防ぐことをいいます。まず、二人の収入を紙に書き、親から援助がある場合も全て記入します。そして、家賃や車のローン、生命保険料など、月々に必ずかかる出費を書き出し、次に食費や光熱費、娯楽費用など変動する出資額を書きます。買い物をする時にこまめにレシートを取っておくと便利ということができるでしょう。固定費と変動費に分けたら、黒字や赤字を分かりやすくするためにカラーペンで丸をつけるといいかもしれません。そして、固定費の合計金額と変動費の合計金額を足して、マイナスになれば赤字になります。また、いくら使いすぎたかを把握しておくと、来月同じことを繰り返さなくて済むので便利です。特に、今は消費税が上がってしまい、一人分の食費だけでも痛い出費になっています。その上、共働きといえど夫婦になると更にマイナスになってしまうことでしょう。赤字を抑えたいなら、保険やケータイのプランを変更するという手もあるので試してみるといいでしょう。家計診断をすることで、共働きしていることがプラスになり余計な出費を抑えて貯金ができたり、娯楽に使えたりするようになるのです。固定費は仕方無いにしても、変動費は十分見直す価値があるので、家計診断をして損をしないようにすると、将来に役立つ可能性があるのです。共働きで忙しいなら、最近ではプロが家計診断してくれるので、自分たちで判断するのが難しい場合は保険会社などのサービスを利用してみるといいでしょう。現在では、数多くの保険会社があり、会社によってもサービス内容が異なります。そのため、利用する前にサービス内容などをきちんと確認しておくことが大切なのです。それぞれの会社を比較しながら自分達に合った保険会社を探し、利用するようにしましょう。